オススメしない方法

ふくろう

ペット葬儀というのは、何も業者や霊園が絡まない方法というのもあります。
それは、自治体に頼む方法です。

自治体では、寿命を終えたペットを引き取って焼却するというサービスを執り行っています。
ただ、焼却というのは、本当に焼却するだけで、お骨上げは勿論できませんし、立会いなどもできません。
さすがに、ゴミと同じ焼却炉ではありませんが、そういった焼却は本当に供養になるのでしょうか。

日本の気候を考えると、土葬よりも火葬の方がいいのは当たり前ですが、それでも自治体の焼却は可愛そうです。
これから火葬をする場合は、きちんとした業者にお願いしたほうが良さそうです。
一例ですが、自治体に頼んだら、清掃車で引取にくるケースもあるそうです。

自治体にお願いした場合は、とても安上がりですが、あまりサービスが行き届いているとはいえません。
家族が納得できる葬儀をするためには、冷たいサービスではなく、きちんと心のこもったサービスで執り行いたいものです。

業者の選び方

豚

ペット葬儀というものは、どうすれば成功といえるのでしょうか。
これは、一重に自分たち家族の満足度というか、悔いが残らないようにお別れができたかによります。

したがって、ペットがまだ健在なうちに、このような相談はしたくないのかもしれませんが、お別れについて考えておく必要があります。
お別れについての考え方というと、個別火葬が良いのか、また合同火葬でも良いのかという点です。

また、お骨を持ち帰りできるのか、それとも合同霊園で納骨するのかという選択肢もあります。
自分たちの家で、お骨を預かっておきたいというのなら、そのような形で葬儀をしなくてはなりません。
ペットはいうなれば、自分たちの家族も同然ですから、家族同様に供養してあげる必要があります。

選ぶ霊園や葬儀社によっては、本当にサービスが変わってくるので、予め選んでおく必要があります。
選ぶときの基準としては、やはり自宅の周辺地域で選ぶしかありません。あまりにも遠隔地であれば、お墓参りもできなくなってしまいます。
いつでも来られるような距離感の業者が良いのかもしれません。

業者選定がうまくいかないと、葬儀自体もその後も後悔することになります。

業者の手配

ボクサー犬

ペット葬儀をする際に、何を選ばなくてはならないのかというと、それは火葬の種類です。
大まかに分けると、二種類に分けることができます。

1つ目は、移動火葬です。
移動火葬とは、文字通り車両に焼却設備がついたものが、家まで来てくれます。
この様式の火葬なら、直前までペットと過ごすことができるので、家族としては良いのかもしれません。
また、基本的には、個別火葬という形になるので、合同火葬よりもいいかもしれません。
お骨上げや立会いなども勿論できます。ただし、簡単に手配できるので、業者毎でサービスの質にかなりの差があります。

2つ目は、霊園などで固定の施設で火葬をするパターンです。
施設で火葬をする際は、何が問題なのかというと、合同なのか個別なのかで対応が変わってくるからです。
個別においても、立会いがあるのか、お骨上げができるのかも選ばなくてはなりません。
供養のあり方は、家庭ごとに違っても良いのですが、悔いが残るような形にしてはいけません。